アイフルホーム写真の自宅大公開

トップページ > 社員の自宅大公開 > Vol.3 高橋秀幸さんの家

家賃を払い続けるのはもったいない

入社6年目の高橋さんは、奥様と長女・咲那ちゃんの3人暮らし。これまでは賃貸アパートで暮らしていました。以前から、「家賃を払い続けるのはもったいない」と思っていたことに加え、咲那ちゃんの成長にしたがってアパートは手狭になり、集合住宅ゆえの音や振動なども気を使うようになったそう。そこで「建てるなら早い方がいい」と決心し、実現したのがこの住まいです。

南面には芝生の庭が広がり、室内と庭を「パティオ」が結ぶ、どっしりとした外観が目を引きます。

憧れのアイランドキッチンに大満足

高橋さん宅の中心になっているのは、奥様の憧れだったというアイランドキッチンです。ダイニングと連続させたその空間は、美しく機能的。まるでモデルハウスのような佇まいを見せながら、キッチンのすぐ隣りには洗面室とバスルームがあるなど家事動線もスムーズです。

 「このスタイルだと、いつでも子どもの様子を見ながら家事ができるがいいですね。それに、動線にも無駄がないので、あちこちウロウロしなくてもいいのはラク」と奥様もニッコリ

外観も内観も白・黒・茶などのモノトーンで統一した都会的なコーディネート。そんなすっきりとしたシンプルな住まいの中にも、構造柱を有効利用したパテーションやエコカラットを用いた表情豊かな壁面、四角型に統一したダウンライト…等々、ディテールまで“デザイン性”にこだわりを盛り込みました

 「他の家を見る機会もあるけど、やっぱり我が家が一番ステキ!って思うんです」と大満足の住まいを実現しています。

  • 外観は白×ダークグレーが目を引くコンテンポラリースタイル。パティオの存在が、住まいの内と外を緩やかにつなぐ

  • まるでショウルームのように美しいアイランドキッチン。
    ダイニングテーブルを並列し、洗面浴室まで直線的に動けるのがポイント

  • 小上がりの和室は、子どものお昼寝や遊び場など便利に使っている。
    段差部分は収納スペースとして有効利用

  • モノトーンでまとめた室内は、上質なマンションのように都会的な雰囲気。リビングとキッチンの間には、構造上必要な柱を活用して、さりげなくパテーションを設けた

  • TV側の壁一面にエコカラットを採用して表情豊かに。天井部分の造作もデザイン的なアクセントになっている

家を持ったからこそ、
リアルな営業ができる

「もし、住宅業界に就職していなければ、27歳で家を建てるなんてできなかったかも…」と語る高橋さん。仕事を通じて、建物のことから資金計画、税金についての知識も得ていたからこそ「若いうちでも手が届くんだ」と、安心してマイホームの決断ができたといいます。
 家づくりを振り返っての自己採点は「80点くらいかな?(笑)」と少々控え目ですが、家づくりを通じて得たものは少なくありません。
 「自分も家を建てたことで、実体験に基づくアドバイスができるようになったと感じますね。例えば、オール電化のランニングコストなら、これまでと違って“うちは3人家族でこういう風に使っていて月々いくら”と具体的に提示できる。リアルな日常に基づいて、お客様に提案できるようになりました」

  •  

  •  

●高橋秀幸さん

自分にとって会社とは?仕事とは?

東和総合住宅という会社について、高橋さんは「社員は恵まれていると思いますよ。
お互いが家族のようで、とてもアットホームな会社なので」。

その居心地の良さがあるからこそ、のびのびと仕事ができていると自己分析する高橋さん。元来、あまり話上手ではなかったそうですが、上司や同僚など周りの支えがあって、安心して営業という仕事を果たしてきました。営業という仕事を通じて幅広い世代のお客様と出会い、さまざまな経験を積み重ねたことで、高橋さん自身も大きく成長したようです。

これから家作りをする方へ

初めて家を建てる人にとって、きっと家づくりってわからないことだらけじゃないでしょうか。あれもこれもと考えるうちに頭が一杯になって、収拾がつかなくなる人も少なくありません。家づくりを進める中で「どんな空間を求めているのか」「何に一番こだわっているのか」、方向性を整えてあげるのも私たちプロの仕事。

「予算が少ないから無理だろう」と思わず、まずは何でもご相談ください。じっくりお話を伺った上で、より良い提案をさせていただきます。