アイフルホームの家づくり

トップページ > アイフルホームの家づくり > アイフルホームが考える”本当にいい家”

アイフルホームが考える”本当にいい家”

キッズデザイン=子ども目線の家づくりは、子供から高齢者まで、みんなのための家づくりです

最近、「ユニバーサルデザイン」という言葉がよく用いられるようになりました。
ユニバーサルデザインとは、「ユニバーサル=普遍の、全体の」という言葉が示しているように、年齢や障がいの有無にかかわらず、できあがったときから誰でも利用できるようにデザインされていること、つまり、「みんなのためのデザイン」ということです。
ところが、日本では、「ユニバーサルデザイン」を名乗る商品の多くが、シニア富裕層のためのモノづくりになっていて、実は子どものことを考えられていないものが非常に多いのです。家庭の中で一番弱いのは“子ども”です。子どもは“危険”の多くをまだ知りません。
これに対して、子ども目線の家づくりでは、年をとった人も体が不自由になった人も、どんな人でも快適に暮らせる本当の意味での「みんなのための」家づくりを実現するものです。
ユニバーサルデザインの原点を実現する家づくり、それが子ども目線の家づくりです。
アイフルホームでは、キッズデザイン協議会が定めるキッズデザインの3つの基本理念をふまえて、すべての人に安全で住みやすい家を提供していくために独自に発展させ、アイフルホームの「キッズデザイン四つの定義」を設定しました。

アイフルホームの「キッズデザイン四つの定義」

  • 子どもの目線で考えた安心・安全に貢献するデザイン
  • 子どもの創造性と未来をひらくデザイン
  • ママを支援する子育てしやすいデザイン
  • ずべての人たちの接続可能な安心と幸せをつくり出すデザイン

アイフルホームは、この「キッズデザイン四つの定義」を事業コンセプトの中心に捉え、商品のみならず、企業活動のすべてで「キッズデザイン」を実現していくと同時に、シンクタンク「キッズデザイン研究所」を設立し、子どもたちを取り巻く住環境・家庭環境のさまざまな課題を研究し、キッズデザインの商品開発や新たな展示場開発を行うとともに、社会に提言や実践をする活動を始めています。

「いい家を建てたい」「いい家に住みたい」とは誰もが思っていることです。
でも、いい家とは、本当はどんな家でしょう。
わたしたちアイフルホームは「キッズデザイン四つの定義」を満たす家こそが、子どもにとってだけではなく、家族の安心で幸せな暮らしが生涯にわたって継続できる「本当にいい家」だと考えています。そのために次の六つの条件を掲げています。

数十年後、あなたのお子さんやお孫さんが、大きくなって、幸せな輝いた人生を歩んでいるとき、「いまの私を支えてきた“絆と紲”を生むきっかけになったのがこの家だったんだ」と、そんな言葉をいただける日が来るのを願って、この取り組みを加速させています。
そして、お子さんだけではなく、あなた自身もいま以上にもっと輝く“きっかけ”をこの家で見つけて育んでいただけるにちがいないと確信しています。